リフォーム!群馬(前橋、高崎、伊勢崎、渋川)でキッチン、風呂、トイレ、増改築、外壁塗装をリフォームするなら、株式会社ミタカ工房へ!

文字サイズ

お客様の不安と不満を解消する「ミタカ工房」

ショールームご来店予約
ご相談
お見積もり

当社へのお問い合わせはHPからが一番多いです。お気軽にご相談からどうぞ!050-7576-3940 営業電話一切なし!電話受付は8:00~20:00 月曜~土曜です。



築30年の木造家屋を、二世帯住宅にリフォームした笠井様。
笠井様が大規模リフォームをミタカ工房に依頼した理由や、工事中のエピソードなどを、ご主人様(40歳)、奥様(37歳)、ご主人のお母様(68歳)に伺いました。
(取材/文 カスタマワイズ)





-リフォーム完成おめでとうございます! 今回のリフォームで、家のどんなところが変わりましたか?

ありがとうございます! 築30年の実家を、床も壁も全部はがして、骨組みだけのホネホネ状態からのリフォームですからね~。もう、前の家がどんなふうだったのか思い出せないぐらいに、劇的に変わりましたよ。

総工費1500万円を超える大規模なリフォーム。


リフォームが完成した家の中を初めて見たとき、思わず「スゴ~イ!」って叫んじゃいました。


やっぱり、一番大きく変わったのは、間取りですね。
普通の二階建ての家を二世帯住宅にしたので、間取りに関してはいろいろ制約があったんですよ。ミタカ工房さんにずいぶん相談に乗っていただきました。







-たとえば、どんなことを相談したのですか?

リフォーム前の家は、台所と居間の行き来がしづらくて、不便だったんですよね。だから、二世帯住宅にするなら、どうしても対面キッチンがほしくて…。
ミタカ工房さんに相談したら、「台所と浴室の場所を入れ替えましょう」と提案していただきました。でも、調べていくうちに抜いてはいけない柱と壁があるのがわかりました。

壁と柱のせいでシステムキッチンが入るスペースがないんなら、対面キッチンは無理かな~ってあきらめかけて、それでもやっぱりあきらめきれずに、夜な夜なず~っと考えて…で、ひらめいたのが、この間取り。
すぐにミタカ工房さんに伝えたら、「できます!」って。


調理台と流し台を向かい合わせに配置して
限られたスペースにキッチンを収めた。



-家全体で、大きく変わったところはどこですか?

家全体を、バリアフリーにしました。体が少し不自由なおじいちゃんのために、お風呂に手すりをつけたり、床の段差をなくしたりとか。

あと、窓を普通のガラスから真空ガラス『スペーシア』に変えました。今年の冬は、おじいちゃんおばあちゃんに暖かく過ごしてもらえそう。




1階 浴室



1階 洗面所



-2階はどんな風に変わりましたか?

2階の吹き抜けだった空間に、子供部屋をつくりました。
長男はすっごく喜んで、お礼の手紙を書いてました。「ミタカ工房さん、ありがとう」って。








じいちゃんおばあちゃんには、とっても仲良くしてもらっているので、あえて別々にすることもないんですけど…あとでほしくなってから増設すると、手間もお金もかかりますしね。





-なぜ、リフォームしようと思ったのですか?

2年ほどまえの、父の病気がきっかけです。
この家は前まで、両親が二人で住んでいました。自分たち夫婦と長男は、三人で実家の近所の公団に住んでいました。両親二人だけで暮らすのは心配だし、家も古くなってなにかと不便みたいだし、ちょうどこの春、長男が小学校入学ということもあって、思い切って実家をリフォームして、二世帯住宅で両親と同居しようと決めました。



-リフォームの計画は、どのように立てましたか。

同居をするにあたって、「ここで一緒に暮らすためには、リフォームと新築、どちらがいいのか」がわかりませんでした。

ミタカ工房さんに、リフォームの見積もり調査を依頼したら、天井裏から床下まで、トコトン調べた上で、「リフォームにしましょう」と言ってくれました。




家族の中で、初めからある程度「これぐらいの予算で」と決めていました。限られた予算の中で、どれぐらい自分たちの要望がかなうのか、それが知りたかった。
要望は、4つ。
①二世帯住宅、②対面キッチン、③バリアフリー、④吹き抜け部分に子供部屋を増築
もちろん、ほかにも細かい要望はいろいろありました。

ミタカ工房さんは、予算に応じて、「ここまでは可能です、これは無理です」という話を、きちんと金額をあげて説明してくれました。
たとえば、うちでは最初、階段を架け替えたいと思っていたんですけど、ミタカ工房さんに話したら「階段を架け替えると、それだけで○○円かかるので、やめておいたほうがいいです」とはっきり言ってくれました。


階段の架け替えはせず、柱と壁で補強した。


-ミタカ工房から、リフォームについて、他にどのようなアドバイスがありましたか?

いろんな相談に乗っていただきましたけど…耐震補強のアドバイスは、とくにありがたかったです。
ミタカ工房さんは、「なぜこの家には耐震補強が必要か」「そのためには、どんな工事をすればいいか」「費用はいくらかかるか」を、具体的な数値をあげて説明してくれました。
恥ずかしながら、耐震については、ミタカ工房さんから言われるまで、ぜんぜん考えていませんでした。

ミタカ工房のさんの説明を聞いて、すごく納得できました。耐震工事の分、費用はかかっちゃうけれど、そんなこと言ってる場合じゃない。家族の安全にはかえられない。「ぜひ、お願いします」って。
結果としては、自分たちで当初考えていた予算をオーバーせずに全ての工事ができました。
ミタカ工房さんには、ずいぶん無理を聞いていただいちゃいました!



ミタカ工房さんには、見積もり調査の結果とわたしたちの要望をもとに、手書き図面や完成予想図で『リフォームしたらどうなるか』を見せてくれました。見積書の分厚さには、ビックリしましたよ~(笑)

【ミタカ工房が作成した資料】
(クリックすると大きめの画像が表示されます)
手書き図面
(一級建築士がおすすめ案として作成)
 
CAD(キャド)図面

完成予想図(パース)
 
細かく拾った見積書(13ページ!)



※イラストはイメージです。

すごく印象に残っているのは、ミタカ工房さんが、無理に新築をすすめなかったことです。

実は、わたしたち夫婦は、長男が生まれたときに一度、新築を検討したことがありました。そのとき、いくつかのハウスメーカーさんを見て回ったんですけど、新築のハウスメーカーさんは「ここから先の説明は、仮契約を交わしてから」っていうところが、すごく多かった。そのときは、世の中こんなもんなのかなぁ、って…。

でも、ミタカ工房さんはそうじゃなかった。ミタカ工房さんは、会社にとっての利益だけじゃなくて、わたしたちの利益もちゃんと考えて、「リフォームにしましょう」と言ってくれました



-ここで、ミタカ工房・森さんに質問です。森さんは、なぜ笠井様に、新築ではなくリフォームを提案したのですか。

笠井様のご要望をお聞きして、笠井様にはリフォームが最適の提案だと判断したからです。

『新築とリフォームのどちらがいいか』はお客様によって異なります。
ミタカ工房では、新築の施工も承っておりますが、お客様のご要望、抱えていらっしゃる問題などをよく聞いて、お客様一人ひとりに合わせて、新築かリフォームかのご提案をさせていただいております。
笠井様の場合は、調査の結果と、笠井様のご家族構成から、今あるお宅を活用して十分な生活空間が確保できるとわかりました。新築を建てるために、手入れをすればまだまだ立派に使えるお宅を壊してしまうのは、もったいないですよね。



-他社の見積もりは取りましたか?

家族思いの
明るい奥様

実は、はじめにミタカ工房さんにリフォームの相談をしたときは、ミタカ工房さんの見積もりが出そろったら、他社さんにも見積もりを依頼するつもりでした。
すみません!

でも、最終的には、ミタカ工房さん一本で決めました。ミタカ工房さんは、わたしたち家族の話をしっかり聞いて、要望に寄り添ってリフォームプランを立ててくれました。「これだったら安心してリフォームを任せられるな」と思ったので。



-リフォームの工事中のエピソードをおしえてください。

ミタカ工房社員と
笠井様の愛犬。

うちでは犬を飼っているんですけど、リフォーム期間中も犬のごはんのために、一日二回、工事現場に行っていました。
行くたびに、家が着々と出来上がっていくのを見るのが楽しみで楽しみで。長男もわたしも、リフォームの工事現場に行くのが大好きでした。

大工さんに「いま何の工事してるんですか?」って聞くと、いつもわかりやすく説明してくれました。

工事が始まってから追加工事をお願いしても、快く応じていただきました。

追加工事のお盆ラックは
奥様のアイデア。

今にして思うと、ミタカ工房さんは、普通なら言っちゃ悪いかなと思うような、工事への疑問や追加注文も、遠慮なく言えちゃう空気を作ってくれていたんですよね。「今だから、言っちゃわないと! 後で言うより、いま言う方がいいよね」って。

工事が始まって、古い壁や床をはがしてみないとわからないことが、たくさんありました。
家が骨組みだけになった状態のとき、二階が少し傾きかけていることがわかったんです。「直しますか、どうしますか?」とミタカ工房さんに言われて、「どうするも何も、いま直さなくてどうするの!」と、急きょ、家をジャッキアップしていただきました。



あの時直さなかったら、テレビでよく見る、ビー玉を床に置くとコロコロって転がっちゃう家になっていたんだよねぇ。あのタイミングで直してもらえて、ほんとによかった。

自分は、ホネホネ状態になった家を見て、ビックリしたんですよ、「オレが子どもの頃に見た、新築工事のときと同じだ!」って。

こうやって、家の傾きを直して、耐震補強をして、柱にシロアリ防止のスプレーをして…目に見えないところまで直してもらって、また家族みんなが安心して住める家になった。これが、一番大事。



-最後に、いまリフォームをお考えの皆様にアドバイスをお願いします。

リフォームの疑問や要望があったら、遠慮せずにどんどん言ってください。そうじゃないと、工事が終わってから、不満のある家で、ずーっと暮らすことになってしまいますから。



ミタカ工房
北屋敷 司

【ミタカ工房 代表 北屋敷より】
笠井様、このたびはミタカ工房にリフォームをご依頼いただき、ありがとうございました。ミタカ工房では、創業以来、「見積書の細かい部分も、工事現場も、どうぞ見てください」という気持ちで、リフォームに取り組んでいます。

リフォームというのは、車やキッチンなどとちがって、お客様の目に見えないものです。世の中のリフォーム業者には「水道工事一式、何百万。耐震工事一式、何百万」と、わずか数行の見積もりで終わってしまうところも多々あります。数行の見積書だけで、大きなお金をかけて一生一度のご決断をしなければならないお客様も少なからずいらっしゃいます。

ミタカ工房では、目に見えないリフォームを、図面や、完成予想図のパース、詳細な見積書の作成等で、お客様の目に見えるよう努めています。

今回、笠井様のお話を聞かせていただいて、弊社とお客様が、本当に心が通じ合って仕事ができたことをうれしく思います。今後とも、よろしくお願いします。

「本日は貴重なお話をありがとうございました」(ミタカ工房 北屋敷)

※ 2013年5月 取材

 

イベント・キャンペーン情報

水廻り展示品・お盆前の売り尽くし大セール!!
2017年7月21日(金)~8月10日(木)まで

すべてのイベント情報を見る


株式会社ミタカ工房 本社
〒371-0007 前橋市上泉町1163-2


前橋ショールーム若宮店
〒371-0032
前橋市若宮町4丁目13-12
TEL:027-289-3737
詳しくはこちら>>


前橋ショールーム小相木店
〒371-0831
前橋市小相木町406-1
TEL:027-289-2567
詳しくはこちら>>


不動産ショップ前橋野中店
〒379-2166
前橋市野中町95-2
TEL:TEL:027-289-2300
FAX:027-289-2301
詳しくはこちら>>


【群馬県】
前橋市,旧高崎市,伊勢崎市,
渋川市,玉村町,吉岡町,
みどり市,榛東村,藤岡市
※車で1時間以内で行ける地域を対象にしています。
上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問合せください。

このページの上部へ